CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOを中心にSEO対策をまとめています

link rel=”canonical”タグとは?URL正規化の方法

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

<link rel=”canonical”>タグは、SEO内部対策の一つである、URL正規化を行うときに使用するタグです。

canonical linkタグでURL正規化を行わない場合、重複コンテンツのSEO評価が分散してしまったり、クローラーのサイト巡回速度が低下するなど、SEOへの影響があります。

canonical linkタグを使用して、URLを正規化することで、ウェブページを正しくインデックスし、SEO評価を高めていきましょう。

この記事では、canonical linkタグの書き方と注意点を解説します。

canonical linkタグとは?

canonical(カノニカル) linkタグは、正規URLを指定するためのタグです。

Webサイトに重複したコンテンツや類似したコンテンツが存在するとき、検索エンジンに基準となるコンテンツのURL(正規URL)を教えてあげる必要が出てきます。

このときに利用するのが、canonical linkタグです。

URL正規化とは?

URLの正規化とは、Webサイトにcanonical linkタグを設置することにより、検索エンジンに「重複コンテンツ」を正しく処理してもらうことを指します。

検索エンジンに対し、URL正規化を行う理由は3つあります。

検索結果に似たようなページが表示されるのを防ぐ

検索エンジンのクローラーは、インターネット上にあるリンクをたどりながら、コンテンツを収集しています。ページの内容が同じURLを2つ発見したとき、2つのページを検索結果に表示しても、検索ユーザーの利便性は良くありません。どちらか1つのURLを検索結果に表示するので十分でしょう。

canonical linkタグを書くと、どちらのURLを検索結果に表示するかを指定でき、SEO評価の向上にもつながります。

似たようなページへのSEO評価を合算できる

https://example.com/ と https://example.com/index.html の2つのURLがあり、どちらも外部サイトから被リンクが張られているとします。/ と /index.html の内容が同じなら、/ のSEO評価と /index.html のSEO評価を合わせたものがTOPページのSEO評価といえるでしょう。

canonical linkタグで正規URLを指定すると、SEO評価を正規URLに合算できます。

重複コンテンツ・類似コンテンツのクローリングを最適化できる

URLを正規化すると、正規URLに指定したページは、重複・類似したページの中では優先的にクローリングされます。Googleは、canonical linkタグを推奨する理由の一つに、重複コンテンツのクローリング最適化を挙げています。canonical linkでクローリングが最適化されることで、SEO評価の向上も見込めます。

重複したページのクロールに時間がかかるのを防ぐため。Googlebot でサイトが最大限に活用されるようにするには、サイト内の同一ページの PC 版とモバイル版のクロールよりも、新しい(または更新された)ページのクロールに多くの時間をかけられるようにするのが効果的です。

重複した URL を統合する – Search Console ヘルプ

ここでいう重複コンテンツとは、例えば以下のような「http」「https」の混在や、URL末尾が「/」か「/index.html」かの違い、計測用パラメータの違いなどです。

【プロトコルの違い】
http://example.com/
https://example.com/

【URL末尾の違い】
https://example.com/
https://example.com/index.html

【パラメータの違い】
https://example.com/?id=1111111
https://example.com/?id=2222222

パラメータの違いにより、重複コンテンツが大量に存在するケースはURLの正規化を必ず行ってください。検索エンジンのクロール処理が遅延し、ページがインデックス登録されるまでに長時間かかるようになってしまいます。

link rel=canonicalタグの仕様

linkタグは、ページに関連した外部リソースを指定するタグで、スタイルシートやショートカットアイコン・URLの正規化などで利用します。

よく使用する属性は、以下の通りです。

属性説明
rel外部リソースの種別を指定します。
正規URLを指定する場合は、canonicalを使います。
href外部リソースのURLを指定します。
正規化したURLを指定します。
仕様上、相対URLでも絶対URLでも構いませんが、Googleは絶対URLを推奨しています(後述)。

HTMLでcanonicalタグを指定する方法

次のようなlinkタグを<head>タグ内に記述します。

<link rel="canonical" href="https://cluster-seo.com/blog/">

その他、以下の注意点があります。

canonical linkタグは1つだけ記述する

2つ以上canonical linkを記述すると、すべてのcanonical linkタグが無視されてしまいます。記述するときは、ページ内に1つだけ記述します。

正規化するURLは絶対URLで記述する

絶対URLとは https:// から始まる形式のことです。href属性は、Googleの公式ガイドで言及されているように、絶対URLが推奨されています。相対パスで記述しないようにしてください。

正規化するURLはパーセントエンコーディングする

パーセントエンコーディングとは、URLに含まれる日本語や記号を %E8 のような文字で置き換えた形式のことです。ブラウザのアドレスバーでURLをコピーすれば、簡単にパーセントエンコーディング形式のURLを取得できます。

正しい例:

<link rel="canonical" 
      href="https://example.com/category/%E8%A3%BD%E5%93%81">

間違った例:

<link rel="canonical"
      href="https://example.com/category/製品">

WordPressでcanonical linkタグを指定する方法

WordPressには、標準でcanonical linkタグを出力する機能が組み込まれています。どのテーマを利用した場合でも、canonicalタグは出力されます。

WordPressの正規URLを変更するには、パーマリンク設定と投稿記事の2か所で行います。

WordPressのパーマリンク設定

まず、WordPressのパーマリンク設定で、正規URLのディレクトリ構造を指定します。SEO上は、日付やIDを含まない「投稿名」型のURLがおすすめです。

  1. WordPressの管理画面で[設定]-[パーマリンク設定]メニューをクリックします。
  2. 「投稿名」を選択し、[変更を保存]ボタンをクリックします。
WordPressのパーマリンク設定

ここで設定したパーマリンク設定に基づいて、canonical linkタグが出力されます。

WordPressの記事ごとの正規URL設定

パーマリンク設定だけでなく、個別の投稿・固定ページで正規URLの一部を指定します。

投稿画面の右側にあるURLスラッグ欄に、URLの一部分を入力します。

WordPressの投稿毎にURLスラッグを設定

All in One SEO Packでの正規URL設定

All in One SEO Packプラグインを使うと、WordPress標準のパーマリンク設定で対応できないパターンに対応できます。たとえば、パーマリンク設定で「数字ベース」型を設定しているときに、特定の投稿・固定ページだけ、「投稿名」型の正規URLを出力できます。

All in One SEO Packのプラグイン設定で、「カノニカルURL」にチェックを入れます。

All in One SEO Packのプラグイン設定

その後、各記事の編集画面下部にある「カスタム Canonical URL」欄に正規URLを入力します。

投稿記事ごとのカスタムCanonical URL

HTTPヘッダで正規URLを指定する方法

canonical linkタグで正規化ができるのはHTMLですが、PDFや画像などの重複コンテンツをURL正規化するにはHTTPヘッダを使用します。

次のようなLinkヘッダをHTTPレスポンスヘッダに送信します。

Link: <https://cluster-seo.com/download/seo-guide.pdf>; rel="canonical"

Apacheの場合は、次のような設定でLinkヘッダを送信できます。

<Location /download/seo-guide.pdf>
  Header add Link '<https://cluster-seo.com/download/seo-guide.pdf>; rel="canonical"'
</Location>

canonicalとmetaタグとの関係

description metaタグと同様、canonical linkタグは検索インデックスに影響するものです。

正しいインデックスに登録されないと、ページが検索にヒットしなくなる恐れがあります。

canonical linkタグが正しく出力されているかどうか、後述するチェックツールなどを使い、チェックするようにしましょう。

canonical linkで指定する正規URLの注意点

内容が異なるページを正規URLに指定しない

正規URL(href属性)には、コンテンツの大部分が一致するページのURLを指定します。仮に、別コンテンツのURLを指定してしまうと、正しくインデックス登録されず、ページが表示されなくなる可能性があります。

WordPressなどCMSを利用しているときは、それぞれのページに対してcanonical linkタグが自動で作成されるので心配いりませんが、HTMLファイルを直接コーディングしているときには、この問題が起きやすくなります。

正規URLが実在することを確認する

存在しないページを指定してURLを正規化すると、不正なcanonical linkタグとみなされます。

canonical linkタグの効果がなかったり、最悪の場合は、そのページが検索結果に表示されなくなってしまいます。

サイトマップ内のURLと正規URLを一致させる

canonical linkタグで指定するURLは、XMLサイトマップで指定するURLと一致させるようにします。特に大規模なサイトや、重複コンテンツが多いサイトでは、XMLサイトマップで指定するURLを正規URLだけにして、重複URLを含めないようにしましょう。

その他、canonical linkタグの注意事項については、以下の記事を参考にしてください。

canonical linkタグをチェックするツール

目視での確認が難しいcanonical linkタグは、SEOツールでチェックすると良いでしょう。

アナトミー

アクセス解析&SEO分析ツール「アナトミー」では、各ページのcanonical linkタグの内容はもちろん、サイト全体のcanonical linkタグの設置状況も確認ができます。青いタイルはcanonical linkタグが設定されているページ、赤いタイルは設定されていないページを示しています。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールでcanonical linkタグを確認するには、ページのURLを入力し「URL検査」を行います。

canonical linkタグが正しく記述されている場合には、「カバレッジ」の「ユーザーが指定した正規URL」に、canonical linkタグに指定したURLが表示されます。また、canonical linkタグが存在しない場合は、「ユーザーが指定した正規URL」が「なし」と表示されます。

Checkbot

サイトのクローリングを行い、内部対策チェックを行うChrome拡張機能です。canonical linkタグの有無や、指定されたURLを一覧で確認できます。

Checkbotのcanonical URL一覧

https://www.checkbot.io/

Screaming Frog SEO Spider

インストール型の内部対策チェックツールです。canonical linkタグの設定状況が一覧で確認できます。

Screaming Frog SEO Spider

https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/

canonical linkまとめ

canonical linkタグを間違って使うと、検索結果への悪影響も起きるかもしれません。だからこそ、canonical linkタグを書こうかなと思ったときは、「必要なページだけに限定して記述する」「canonical linkタグを自動生成する」「canonical linkタグではなく、301リダイレクトで正規化する」も検討したほうがよさそうですね。

Page Top