CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOにフォーカスしたSEO対策をまとめています

canonicalタグによるURL正規化のやり方

こんにちは、テクニカルSEOによるSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

検索エンジンに正規URLを伝えるための <link rel=”canonical”>タグ。

重複ページ対策としてHTMLに記述するタグですが、指定方法を間違えると、検索結果にそのページが表示されなくなってしまいます。

この記事では、canonicalによるURL正規化の方法と注意点を解説します。

URL正規化とは?

URL正規化を簡単に説明すると、「ページの内容がほぼ同じURLが複数存在するとき、基準URLをどれか1つに決めて検索エンジンに教えてあげる」ことを指します。

canonicalとは、英語で「正規の」「基準の」という意味を表します。

重複したページを統合することが主目的なのですが、これを行う理由がいくかあります。

検索結果に似たようなページが表示されるのを防ぐ

検索エンジンのクローラーは、インターネット上にあるリンクをたどりながら、コンテンツを収集しています。ページの内容が同じURLを2つ発見したとき、2つのページを検索結果に表示しても、検索ユーザーの利便性は良くありません。どちらか1つのURLを検索結果に表示するので十分でしょう。canonicalタグを書くと、どちらを検索結果に表示するかを指定できます。

似たようなページへの評価を合算できる

https://example.com/ と https://example.com/index.html の2つのURLがあり、どちらも外部サイトから被リンクが張られているとします。/ と /index.html の内容が同じなら、/ の評価と /index.html の評価を合わせたものがTOPページの評価といえるでしょう。canonicalタグを書くと、指定した正規URLに評価が合算されます。

重複コンテンツ・類似コンテンツのクローリングを最適化できる

正規URLは、重複・類似したページの中では優先的にクローリングされます。Googleは、canonicalタグを推奨する理由の一つに、重複コンテンツのクローリング最適化を挙げています。

重複したページのクロールに時間がかかるのを防ぐため。Googlebot でサイトが最大限に活用されるようにするには、サイト内の同一ページの PC 版とモバイル版のクロールよりも、新しい(または更新された)ページのクロールに多くの時間をかけられるようにするのが効果的です。

重複した URL を統合する – Search Console ヘルプ

link rel=canonicalタグの仕様

linkタグは、ページに関連した外部リソースを指定するタグで、スタイルシートやショートカットアイコン・正規化URLなどで利用します。

よく使用する属性は、以下の通りです。

属性説明
rel外部リソースの種別を指定します。
正規化URLを指定する場合は、canonicalを使います。
href外部リソースのURLを指定します。
正規化したURLを指定します。
仕様上、相対URLでも絶対URLでも構いませんが、Googleは絶対URLを推奨しています(後述)。

HTMLでcanonicalを指定する方法

次のようなlinkタグを<head>タグ内に記述します。

<link rel="canonical" href="https://cluster-seo.com/blog/">

その他、以下の注意点があります。

canonical linkタグは1つだけ記述する

2つ以上canonicalを記述すると、すべてのcanonicalタグが無視されてしまいます。記述するときは、ページ内に1つだけ記述します。

正規URLは絶対URLで記述する

絶対URLとは https:// から始まる形式のことです。href属性は、Googleの公式ガイドで言及されているように、絶対URLが推奨されています。相対パスで記述しないようにしてください。

正規URLはパーセントエンコーディングする

パーセントエンコーディングとは、URLに含まれる日本語や記号を %E8 のような文字で置き換えた形式のことです。ブラウザのアドレスバーでURLをコピーすれば、簡単にパーセントエンコーディング形式のURLを取得できます。

正しい例:

<link rel="canonical" 
      href="https://example.com/category/%E8%A3%BD%E5%93%81">

間違った例:

<link rel="canonical"
      href="https://example.com/category/製品">

WordPressでcanonicalを指定する方法

WordPressには、標準でcanonical linkタグを出力する機能が組み込まれています。どのテーマを利用した場合でも、canonicalタグは出力されます。

正規化URLを変更するには、[設定]-[パーマリンク設定]で、URLの構造を指定します。

WordPressパーマリンク設定

ここで設定したパーマリンク設定に基づいて、canonical linkタグが出力されます。

なお、WordPress標準のURLパターンで対応できないときは、Custom Permalinksプラグインなどを使うとよいでしょう。

canonicalとmetaタグとの関係

description metaタグと同様、canonical linkタグは検索インデックスに影響するものです。

正しいインデックスに登録されないと、ページが検索にヒットしなくなる恐れがあります。

canonical linkタグが正しく出力されているかどうか、後述するチェックツールなどを使い、チェックするようにしましょう。

canonicalで指定するURLの注意点

内容が異なるページのURLを記述しない

正規URL(href属性)には、コンテンツの大部分が一致するページのURLを指定します。仮に、別コンテンツのURLを指定してしまうと、正しくインデックス登録されず、ページが表示されなくなる可能性があります。

WordPressなどCMSを利用しているときは、それぞれのページに対してcanonicalタグが自動で作成されるので心配いりませんが、HTMLファイルを直接コーディングしているときには、この問題が起きやすくなります。

URLが実在することを確認する

存在しないページを正規URLに指定すると、不正なcanonicalタグとみなされます。

canonicalタグの効果がなかったり、最悪の場合は、そのページが検索結果に表示されなくなってしまいます。

Googleアナリティクス側のURL集約も検討する

「類似したページを1つにまとめる」という話は、Googleアナリティクスでサイトを分析するときにも関係してきます。たとえば、同一商品ページを指すパラメータ違いのURLは、1つにまとめてページビューを把握したくなります。Googleアナリティクス側で、URLを集約するフィルタを設定するとよいでしょう。

その他、canonicalタグの注意事項については、以下の記事を参考にしてください。

canonicalタグをチェックするツール

目視での確認が難しいcanonicalタグは、SEOツールでチェックすると良いでしょう。

Checkbot

サイトのクローリングを行い、内部対策チェックを行うChrome拡張機能です。canonicalタグの有無や、指定されたURLを一覧で確認できます。

Checkbotのcanonical URL一覧

Checkbot: SEO, Web Speed & Security Checker for Chrome

Screaming Frog SEO Spider

インストール型の内部対策チェックツールです。canonicalタグの設定状況が一覧で確認できます。

Screaming Frog SEO Spider

canonicalまとめ

canonicalタグを間違って使うと、検索結果への悪影響も起きるかもしれません。だからこそ、canonicalタグを書こうかなと思ったときは、「必要なページだけに限定して記述する」「canonicalタグを自動生成する」「canonicalタグではなく、301リダイレクトで正規化する」も検討したほうがよさそうですね。

Page Top