CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOを中心にSEO対策をまとめています

FAQ構造化データの書き方

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

Google検索結果にFAQ形式のリッチリザルトを表示するには、Web ページに構造化データをマークアップします。ページにアクセスすることなく、FAQの質問・回答が分かるので、検索ユーザーにとっての利便性がアップします。また、FAQの回答にはHTMLタグも記述できるので、リンクを張ってサイトへ誘導させることもできます。

本記事では、HTML にFAQ構造化データを正しくマークアップする方法を詳しく説明します。

リッチリザルトについては、以下の記事を参考にしてください。

FAQの構造化データとは?

FAQ形式の構造化データは、質問と回答がペアになったデータ構造です。FAQ形式で構造化データをページに埋め込んでおくと、Google検索結果にリッチリザルトとして表示されます。

FAQのリッチリザルト

Google検索結果には、質問ごとにアコーディオン形式で表示されます。回答部分には、HTMLタグが記述できるので、見出し・リンク・強調表示が可能です。長い回答も記述できますが、300文字前後で省略される点には注意が必要です。

また、FAQの構造化データは、Googleアシスタントや音声検索の回答として利用されることがあるので、活用シーンは広そうです。

Q&Aの構造化データとの違い

FAQの構造化データと似たものに「Q&A形式の構造化データ」があります。

Q&A形式の構造化データは、1つの質問につき複数の回答があり、かつ回答がユーザーによって投稿されるデータ構造です。

簡単に言えば、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」のような質問サイトでのみ、使用される形式です。

製品やサービスを紹介しているページでのよくある質問は、「FAQ形式の構造化データ」を使うことになります。

JSON-LD形式で指定する場合

JSON-LD 形式では、構造化データを JSON 形式として、script タグ内に記載します。記載する場所は、head 内でも、body 内でも構いません。

以下は、FAQを3つ記載した例です。

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "FAQPage",
  "mainEntity": [
    {
      "@type": "Question",
      "name": "クラスターSEOとは何ですか?",
      "acceptedAnswer": {
        "@type": "Answer",
        "text": "テクニカルSEOによるSEO対策サービスです。"
      }
    },
    {
      "@type": "Question",
      "name": "テクニカルSEOとは何ですか?",
      "acceptedAnswer": {
        "@type": "Answer",
        "text": "テクニカルSEOは、技術的な裏付けのあるSEO対策のことをいいます。Googleのガイドラインなどで明確に示されており、実施することが可能な施策です。"
      }
    },
    {
      "@type": "Question",
      "name": "クラスターSEOの特徴は何ですか?",
      "acceptedAnswer": {
        "@type": "Answer",
        "text": "サービスサイトの順位アップを狙える施策を行っている点です。"
      }
    }
  ]
}
</script>

FAQの項目ごとに、構造化データ内で設定する項目は、以下の2つです。

項目説明
nameFAQの質問文です。
acceptedAnswer内のtextFAQの回答文です。
HTMLタグ <h1><h6> <br> <ol> <ul> <li> <a> <p> <div> <b> <strong> <i> <em> が利用できます。

回答文でHTMLタグを指定すると、次のように見出しやリンクを含むリッチリザルトが表示されます。

HTML形式のFAQのリッチリザルト

microdata形式で指定する場合

microdata 形式では、FAQ全体や質問・回答を表す要素に、itemprop 属性などの属性を追加します。属性を追加する必要があるのは、以下の5つの部分です。

対象追加する属性代表例
FAQ全体itemscope
itemtype=”https://schema.org/FAQPage”
ul タグ
各FAQitemprop=”mainEntity”
itemscope
itemtype=”https://schema.org/Question”
li タグ
質問文itemprop=”name” span タグ
回答全体itemprop=”acceptedAnswer”
itemscope
itemtype=”https://schema.org/Answer”
divタグ
回答文itemprop=”text”pタグ

microdata 形式のFAQ構造化データの HTML サンプルです。

<ul itemscope itemtype="https://schema.org/FAQPage">
  <li itemscope itemprop="mainEntity" itemtype="https://schema.org/Question">
    <div itemprop="name">クラスターSEOとは何ですか?</div>
    <div itemscope itemprop="acceptedAnswer" itemtype="https://schema.org/Answer">
      <p itemprop="text">
        テクニカルSEOによるSEO対策サービスです。
      </p>
    </div>
  </li>
</ul>

リッチリザルトで表示されないときのチェックポイント

構造化データをマークアップしても、FAQがリッチリザルトとして表示されない場合は、さまざまな原因が考えられます。

まずは、構造化データに対応したSEOツールでチェックしてみることをお勧めします。

よくある原因は以下の通りです。

  1. 構造化データの構文エラー
  2. 当該URLがまだインデックスされていない
  3. FAQの数が少なすぎる
  4. FAQの数が多すぎる
  5. 構造化データで指定したFAQがページに表示されていない

原因1.構造化データの構文エラー

まずは、JSON-LD の構文エラーがないかどうかを Googleサーチコンソールで確認します。手順は以下の通りです。

  1. URL を入力して Enter を押下する
  2. URL 検査画面で [公開URLをテスト]ボタンをクリックする

以下は、JSON の書式エラーがあった場合の画面です 。

JSON で書き間違いが多いのが「,」(カンマ)です。{}ブロック内の最後に「,」を記述しないように注意してください。また、 /* */ や // といったコメントも記述できません。

もしくは、構造化データテストツールでも構文チェックができます。

エラーの対処方法については、以下ページにも詳しくまとめています。

原因2.当該URLがまだインデックスされていない

クローラーがまだページをクローリングしていない可能性があります。
Googleサーチコンソールで URL を入力し、[インデックス登録をリクエスト]ボタンをクリックしてください。

早ければ数分~数十分程度でクローリングされ、検索結果画面に表示されるようになります。

原因3.FAQの数が少なすぎる

FAQの数が2個以下の場合、リッチリザルトでは表示されません。
FAQの項目数を増やし、3つ以上になるようにしてください。

原因4.FAQの数が多すぎる

構造化データで多数のFAQを指定しても、最大で10個までしか表示されません。
11個目以後は省略されるため、優先度の高いものを先頭に配置するようにしましょう。

なお、FAQの11個目以降も、Googleアシスタントや音声検索へ利用される可能性があるので、FAQを無理に10個以内に減らす必要はありません。

原因5.構造化データで指定したFAQがページに表示されていない

Google の構造化データガイドラインでは、ページに表示されている内容と構造化データを一致させるように記載されています。

ページの読者に表示されないコンテンツをマークアップしないでください。たとえば、JSON-LD マークアップでパフォーマーが記述されている場合、HTML の本文でも同じパフォーマーが記述されている必要があります。

https://developers.google.com/search/docs/guides/sd-policies#content

構造化データで指定したFAQが実際には存在しないような場合や、大きく異なる場合は Google のガイドライン違反となります。ガイドライン違反があると、構造化データが認識されなかったり、最悪の場合は検索順位への影響もあります。

まとめ

以上、FAQを構造化データとしてマークアップする方法を説明しました。

FAQの構造化データは、サイト全体ではなく、「よくある質問」のように利用するページが限定されます。ポイントを絞った対応ができるので、ぜひFAQページに構造化データを実装するようにしましょう。

またSEOで上位を狙うには、構造化データのだけでなく、その他の内部対策も必要です。テクニカルSEOによるSEO対策サービス「CLUSTER SEO」なら、Googleガイドラインに準拠した内部対策をサイト全体で効率的に進めることができます。

Page Top