CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOにフォーカスしたSEO対策をまとめています

h1タグの書き方

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの内村です。

h1タグとはHTMLタグの1つで、ページの大見出しを表します。

見出しタグを適切に設定することでサイトのユーザービリティを向上させ、SEOに良い効果を与えることが期待できます。

この記事では、h1タグがもたらすSEOへの影響とその適切な設定についてお話したいと思います。

h1タグとは

HTMLには、「見出し」を表すh1,h2,h3,h4,h5,h6の6種類のhタグというものがあり、数が小さいものほど重要な見出しであることを示しています。

大見出しはh1、中見出しはh2、小見出しはh3といった要領で設定していきます。

h1はそのhタグの中でも最上位に位置する見出しタグであり、ページの内容を示すtitleタグと似たようなものだと思っていただければ大丈夫です。

h1タグとtitleタグの大きな違いは検索結果に表示されるか否かという所でしょう。

検索結果に大きく表示されるページタイトルtitleタグ)とは違い、h1タグは検索結果には表示されません。

しかし、サイトを訪れたユーザーにそのページの内容を簡潔に示す見出しとしてh1タグは必要不可欠なものです。

Googleは公式で

見出しタグを使用して重要なテキストを強調する

一般に、見出しタグはタグに囲まれているテキストをページ上の通常のテキストよりも大きく表示するため、ユーザーにとってはそのテキストが重要であるという視覚的な手がかりとなり、見出しテキストの下に続くコンテンツの内容について理解しやすくなります。複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

と説明しており、ユーザーの利便性のためにもhタグを適切に設定することを推奨しています。

hタグのSEO効果

まずSEOの基本的な考え方として、ユーザーファーストという考えがあります。

これはユーザーの利便性を第一に考えたコンテンツを作ることがSEOで検索結果の上位表示を達成するために必要不可欠であるという考えです。

Googleは公式で次のように説明しています。

Googleが掲げる10の事実

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

Headings give you the opportunity to tell both Google and users what’s important to you and your website. The lower the number on your heading tag, the more important the text, in the eyes of Google and your users.

見出しを使用すると、自分と自分のWebサイトの何が重要なのかをGoogleとユーザーの両方に伝える機会を得られます。見出しタグの数字が小さいほど、Googleとユーザーの視点から見たテキストの重要性が高まります。

Holiday source code housekeeping: Website clinic for non-profits

つまり、hタグを適切に設定してユーザーの利便性を高めることがサイトの評価に繋がり、結果として検索結果の上位表示を達成することができるということです。

また、hタグはページに書かれた内容をGoogleに知らせる目的もあります。

hタグの適切な使い方

hタグは間違った使い方をしてしまうと、ユーザーの利便性が上がるどころか下がってしまう可能性もあります。

ですので、ユーザーにとって分かりやすいhタグの適切な使い方を覚えていきましょう。

順番通りに設置する

先述した通り、hタグはh1~h6の6種類があり、数字が小さいほどテキストの重要性が高くなっていきます。なのでページ内では以下のようにh1から順番に重要なテキストを設定していきましょう。

<h1>h1タグとは?SEOへの影響と設定方法</h1>
 <p>文章</p>
 <h2>h1タグとは</h2>
 <p>文章</p>
 <h2>h1タグのSEO効果</h2>
 <p>文章</p>
  <h2>hタグの適切な使い方</h2>
  <p>文章</p>
    <h3>順番通りに設置する</h3>
    <p>文章</p>
    <h3>適切な数を設置する</h3>
  <p>文章</p>

デザインの都合によって使用するhタグを決めてしまい、順番通りになっていないといったケースをよく見かけます。なのでデザインベースではなく、文章ベースで見出しとして意味が分かるようにhタグを配置しましょう。

そうすることででユーザーとGoogleの両方に何が重要なのかを適切に示すことができます。

適切な数を設置する

hタグは重要なテキストをユーザーとGoogleに伝えることができますが、多ければ多いほど良いという訳ではありません。

見出しの使い方としてGoogleは、以下のように推奨しています。

概要を書く場合を想像する

長い論文の概要を書く場合と同様に、ページ上のコンテンツの主要なポイントと下位のポイントは何かを検討し、それに応じてどこに見出しを使用するか決定します。

ページ全体で控えめに見出しを使用する

見出しタグは意味のある場所で使用してください。ページ上の見出しが多すぎると、ユーザーがコンテンツを読みにくくなり、1 つのトピックがどこで終了して次のトピックがどこから始まっているのか判断しにくくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

つまり、hタグの数が多すぎるとどれが重要なのか分かりづらくなってしまい、ユーザーの利便性を損なってしまう可能性もあります。なので適切な場所に適切なだけ設置することを心がけましょう

また、「h1タグは1ページに1つしか設置してはいけないのか?」という話をよく耳にしますが、Googleのジョン・ミューラー氏はそういった質問に対して次のように回答しています。

As many as you want.

好きなだけ使えばいい

ジョン・ミューラー氏のtwitterより

ただし、h1タグを多く設置してしまうとそれだけテキストの重要性が分散してしまうという可能性もあるので、h1タグを複数設置する際は注意が必要です。

注意したい書き方

Googleは公式でhタグの書き方として、以下を推奨していません。

避けるべき方法:

・ページの構造を定義するのに効果的でないテキストを見出しタグで囲む。

・<em> や <strong> のような他のタグの方が適している場所で見出しタグを使用する。

・見出しタグのサイズを不規則に変える。

・ページ内で見出しタグを過度に使用する。

・見出しが非常に長い。

・構造を示すためではなく、テキストの書式を整える目的で見出しタグを使用する。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

過度に見出しを使いすぎないという点は先ほど言及しましたが、それに加えて見出しのデザインの話や文章量についても触れていますね。

同じ種類のhタグを違うサイズにしてしまうと、そのテキストの重要性の優劣が見た目で分らなくなってしまうためです。

また、長すぎる見出しも本来の「簡潔にページの内容を表す」という役割から外れてしまうので避けましょう。

まとめ

SEO対策をする上で軽視されがちなhタグですが、適切に設定することでユーザーとGoogleにページの情報を分かりやすく伝える手段となります。

hタグの最適化をまだしていないのであれば、是非この機会に見直してみてください。

弊社では既存コンテンツのキーワード・リンクを再設計してビッグワードを狙うSEO対策サービス「CLUSTER SEO」を提供しています。「オウンドメディアはあるけれど成果が上がらない…」というお悩みをお持ちでしたら、ぜひご利用ください!
テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」

Page Top