CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOにフォーカスしたSEO対策をまとめています

noindexでインデックス登録を拒否する方法

こんにちは、テクニカルSEOによるSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

robotsメタタグでnoindexを設定すると、ページを検索結果に表示しないようにできます。noindexを設定するページは、検索ユーザーに表示するメリットが少ない、サイト内のごく一部のページに限られます。

この記事では、robots メタタグの役割や書き方、noindexをどのページに設定すればよいのかについて、詳しく説明します。

robotsメタタグとは?

Webページを検索エンジンへインデックス登録するかどうかを制御するタグが robots メタタグです。クローラーは robots メタタグを読み取り、メタタグの設定内容に従ってインデックス処理を行います。

robotsメタタグでよく使用されるのが、インデックス登録の拒否を意味する noindex です。noindexを設定すると、そのページは検索結果に一切表示されなくなります。

なお、robotsメタタグを設定しない場合は、GoogleやBingなどの検索エンジンのインデックスにページが登録されます。

noindexの使い方

Googleは、検索結果に同一ドメインの情報を最大で2つまでしか表示しません。検索ユーザーにとって重要でないページを非表示にして、価値あるページを優先的に表示することが、noindexを指定する目的です。

検索ユーザーにとって重要でないページは、具体的にいうと「エラーページ」や「類似ページ」「古いページ」などです。

エラーページ

次のようなエラー画面は、正常なコンテンツではないので、noindex設定でインデックス登録を拒否します。

  • サーバーエラー
  • 404エラー
  • 認証エラー
  • メンテナンス中エラー

検索結果0件ページ

ECサイトの検索結果で「該当する商品はありませんでした」という画面も、インデックス登録する価値はないでしょう。noindex設定をお勧めします。

完了ページ

「申し込みありがとうございました」「問い合わせを承りました」と表示される完了ページも、検索結果に表示させる必要はないので、noindexを指定します。

類似ページ

ほぼ同じ内容のページが複数存在するとき、どれか1つをインデックス登録し、それ以外をnoindex設定しておきます。

たとえば、商品一覧ページで、標準的な大きさで画像を表示するページAと、大きな画像を表示するページBの2つが存在する場合、ページBにnoindexを指定します。

動的に生成される一覧画面・詳細画面では、類似ページが起きやすくなります。

古いコンテンツ

サイト内に古いコンテンツと新しいコンテンツが混在している場合、古いコンテンツの方にnoindexを指定することで、新しいコンテンツの方が検索結果に表示されるようにコントロールできます。古いコンテンツも残しておく必要があるときに重宝します。

robots メタタグの書き方

次は、noindexを設定する方法を紹介します。

HTMLタグでnoindexを設定する場合

headタグ内に、以下のmetaタグを追加します。

<meta name="robots" content="noindex">

WordPressでnoindexを設定する場合

WordPressには、robotsメタタグを出力する標準機能がありません。そこで、robotsメタタグをサポートしているテーマやプラグインを使います。

テーマ「Cocoon」の場合

投稿画面で、下部にあるSEO設定の「インデックスしない(noindex)」にチェックします。固定ページでも同じやり方です。

Cocoonの投稿画面にあるnoindex指定

また、Cocoonの標準設定では「タグページ」「日付アーカイブ」「投稿者アーカイブ」がnoindexと指定されています。設定を変更するには、[Cocoon設定]メニューから[SEO]タブを開き、headタグ設定内で行います。

Cocoon設定のSEOタブ内にあるnoindex指定

プラグイン「All in One SEO Pack」の場合

投稿画面で、下部にある「All in One SEO Pack」の「NOINDEX this page/post」にチェックします。固定ページも同じやり方です。

All in One SEO Packでの記事のnoindex設定

また、All in One SEO Packの標準設定では、「カテゴリ」「日付アーカイブ」「投稿者アーカイブ」がnoindexと指定されています。設定を変更する場合、[All in One SEO]⇒[General Settings]のNOINDEX Settings内で行います。

All in One SEO Packでのnoindex設定

Webサーバーの設定でnoindex指定する場合

metaタグをHTMLに追加する代わりに、次のようなHTTPレスポンスヘッダでもnoindex設定ができます。

X-Robots-Tag: noindex

Webサーバーの設定を変更することで適用できるので、特定のディレクトリを一括でnoindex設定したいときや、動的に生成されるページでHTMLの修正が難しいときに便利です。

Apacheの場合、次のような設定を行います。

<Location /foo/>
  Header add X-Robots-Tag noindex
</Location>

noindex設定の注意点

robots.txtでページの巡回をブロックしない

robotsメタタグは、クローラーがページを巡回したときに認識します。そのため、robots.txtでクローラーの巡回をブロックすると、robotsメタタグが認識されません。

急ぎならURL削除ツールを使う

noindexが適用されるのは、クローラーがページを巡回した後になります。

できるだけ早く検索結果から情報を削除したい場合は、URL削除ツールを使います。

noindex指定したページを把握する方法

誤って、インデックス登録対象のページがnoindexに指定されていると、検索結果に表示されないトラブルが起きてしまいます。noindex設定されたページがどこかを把握しておきましょう。

以下、3つの方法を紹介します。

方法① サーチコンソールのカバレッジレポートを利用

Googleサーチコンソールのカバレッジレポートを見ると、noindexタグによってインデックスから除外されたページを確認できます。

Googleサーチコンソールのカバレッジレポートで除外されたURLを確認

方法② SEO内部対策ツールを利用

内部対策に特化したSEOツールを使うと、noindex設定されたページを把握できます。クローラーの巡回よりも早くチェックできるメリットがあります。

方法③ Googleアナリティクスを利用

検索からの流入数やPVが激減したページをチェックする方法です。流入数の減少は、noindexだけが理由ではありませんが、どちらにしても課題のあるページが発見できます。

まとめ

noindexを使うと、検索結果に表示させるページの制御ができるので有益ですが、間違えて使用した場合の影響も大きいので、仕組みを理解してから設定するようにしましょう。

Page Top