CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOにフォーカスしたSEO対策をまとめています

SEO内部対策とは?【3つの効果的な対策】

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの内村です。

内部対策とは、サイト内のコンテンツを対象として行うSEO対策のことです。内部対策には、検索エンジンにコンテンツを見つけてもらうためのクロール対策と、コンテンツの内容を理解してもらうためのインデックス対策、検索順位で有利に働くランキング対策の3つがあります。

この記事では、内部対策で行う施策について分かりやすく解説します。

SEO内部対策とは

SEO対策には、大きく分けて「内部対策」と「外部対策」の2つがあります。

内部対策サイト内のコンテンツを修正する対策。
外部対策サイト外で行う対策のこと。
主に外部サイトからのリンクを繋ぐ。

つまり、内部対策はサイトの構成やコンテンツそのものに対する施策になります。

Googleはサイトの作り方について、次のように明言しています。

次の一般的なガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google がサイトを認識し、インデックスに登録し、ランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助けとなります。”

(中略)

一般的なガイドライン

・Google がページを検出できるよう手助けする
・Google がページを理解できるよう手助けする
・訪問者がページを利用しやすいよう手助けする


ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

つまりGoogleが認識しやすく、かつユーザーにとって分かりやすいサイトを作ることがGoogleに良い評価を受ける為に必要だという事になります。

これらを意識したサイトを制作することがSEOにおける内部対策の基本な考えになります。具体的な対策として「クロール最適化」「インデックス最適化」「ランキング対策」の3つがあります。

クロール最適化

そもそもサイトの検索順位や評価というのは、Googleのクローラーと呼ばれるロボットがサイトを巡回(クロール)し、コンテンツを読み取って決定しています。

ですのでそのクローラーがサイト内の全ページを滞りなくクロールできるようにサイトを設計する必要があります。

クローラーがサイトをどれだけ巡回しやすいかをクローラビリティといい、そのクローラビリティを改善することをクロール最適化(クローラビリティの改善)といいます。

クロール最適化の為には、以下の対策を行います。

  1. リンク構造(サイト構造)の単純化
  2. パンくずリストの設定
  3. 構造化マークアップ
  4. サイトマップの送信

リンク構造(サイト構造)の単純化

Googleはサイト内のリンク階層を単純化することを推奨しています。

わかりやすい階層を作成する

一般的なコンテンツからそのサイトで求めている具体的なコンテンツへ、ユーザーができるだけ簡単にたどり着けるようにしてください。理にかなっている場合はナビゲーション ページを追加し、内部的なリンク構造に効果的に組み込みます。サイト上のすべてのページにリンクから到達できるようにし、サイト内の「検索」機能を探さなくても済むようにします。関連ページへのリンクを適宜追加すると、ユーザーが同様のコンテンツを見つけやすくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

つまりユーザーやクローラーが目的のページにたどり着けるように適切なリンクを貼ることが重要であるということです。一般的にはどのページにも2クリック以内でたどり着けるようなリンク構造にすることが望ましいとされており、それ以上になってしまうと重要なページではないと認識されてしまう可能性があります。

また設置したリンクに適切なアンカーテキストを設定することでユーザーとクローラーにリンク先のページの内容をしっかりと把握してもらえるといった利点もあります。

パンくずリストの設定

パンくずリストとは、サイトの階層構造を分かりやすくしたリンクのことで、ユーザーがサイト内でどの位置(階層)にいるかを示します。

このパンくずリストがあることでクローラーもユーザーもサイトの構造を把握しやすくなります。

Googleはパンくずリストの利用を推奨しています。

「パンくずリスト」を使用する

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部的なリンクの行です。訪問者はパンくずリストを使って、前のセクションやルートページにすばやく戻ることができます。ほとんどのパンくずリストでは、最初の左端のリンクとして最も一般的なページ(通常はルートページ)を置き、右側に向けてより具体的なセクションを並べています。パンくずリストを表示する場合は、パンくずリストの構造化データ マークアップを使用することをおすすめします

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

ユーザーの利便性を損なわないように適切にパンくずリストを設置することができれば、Googleからのサイト評価も良くなり、SEOにおいて良い効果が期待できるはずです。

構造化マークアップ

構造化データとは、メタデータを追加し、テキストの意味をクローラーなどのロボットが理解できるようにしたデータの事です。

HTML上に構造化データを記載することで、コンテンツの情報をより詳しく・正確にクローラーへ伝えることができます。

このように構造化データでコンテンツの情報をマークアップすることを構造化マークアップといいます。

また構造化マークアップを設定すると、Google検索結果にリッチリザルトが表示されるようになるメリットもあります。

サイトマップの送信

サイトマップとは、サイトの運営者がGoogleにサイト上にどんなページが存在しているかを示しているファイルの事です。これらをGoogleに送信することで、クローラーがサイト内をクロールする際の手助けになります。

サイトマップは自分で作る事も出来ますが、URLを入力すると自動でサイトマップを作成してくれるツールもあるので、そちらを利用するのも良いかと思います。

ページ内のSEO内部対策

インデックス最適化

インデックスとは、クローラーが読み取ったページの情報がデータベースに登録されることを言います。つまり、サイトの情報がインデックスされなければ、検索結果に表示されないということになります。なのでクローラーに正しくサイトの情報を読み取ってもらうためにインデックス最適化が必要になってきます。

具体的には次のような対策があります。

  1. タイトルの最適化
  2. h1タグの最適化
  3. 画像の説明を記述
  4. URLの正規化

タイトルの最適化

タイトルとはその名の通りページのタイトルにあたる部分です。

検索結果で一番大きく表示され、ユーザーが実際にクリックする箇所になります。

またGoogleは公式でこう言及しています。

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です。

・具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。(中略)

・キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける(中略)

・同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。(中略)

・タイトルを目立たせる。ただし、簡潔になるように気を付けます。(中略)

検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

以上のことを意識して自身のサイトに適切なタイトルを設定しましょう。キーワードに悩む場合は、SEOキーワード選定方法を参考にしてください。

h1タグの最適化

h1タグはページの大見出しを表すタグです。これもタイトルと同様にそのページの内容を簡潔に示すものを適切に設定することが重要です。

画像の説明を記述

サイトで使用している画像には必ずalt属性を設定しましょう。

<img src="img/on-page-seo-flow.png" alt="SEO内部対策の流れ">

alt属性とは画像が何らかの原因で読み込まれなかった際に代替として画像の内容をテキストで表示する為に必要な属性です。

Googleも以下のように言及しています

画像を最適化する

「alt」属性を使用する

画像にわかりやすいファイル名を付けて、alt 属性の説明を入力します。「alt」属性を使用すると、何らかの理由で画像を表示できない場合の代替テキストを指定できます。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

このようにユーザーが代替テキストを見た時にどんな画像なのかを理解できるような文章を簡潔に設定しましょう。

URLの正規化

モバイルとPCを別URLで作成している場合や、「www」やURL末尾の「/」の有り無し等によっては、同内容のページに複数のURLでアクセスできることになります。

そのままの状態では、クローラーからのページや被リンクの評価が分散して検索順位が上がりにくくなるうえ、重複コンテンツとみなされ評価下落の原因になることもあります。

「/」や「www」の有り無しのようなレベルであればサーバー側で301リダイレクトをすることによって対処できますが、PCとモバイル用のコンテンツを別URLで出しているような時など、リダイレクト処理が適切でない場合があります。

このような場合には、URLの正規化をすることによって、クローラーからの評価を統合することができます。

URLの正規化をするには

  • headタグ内にcanonicalタグを設定する
  • HTTPヘッダにrel=”canonical”を設定する
  • サイトマップで正規ページを指定する

などの方法があります。

ランキング対策

Googleはさまざまな指標を使って検索順位を決定しています。その中で、対応しておくと、検索順位で有利に働くものも存在します。

具体的には次のような対策があります。

  1. サイトをモバイルフレンドリーにする
  2. ページの表示速度を改善する

サイトをモバイルフレンドリーにする

モバイルフレンドリーとはサイトをモバイル(スマートフォン)で見た際に見やすいデザインにするという考え方の事です。

Googleは公式で

現在はモバイルが主流です。ほとんどのユーザーは、モバイル デバイスを使って Google で検索しています。

(中略)

Google では 2016 年後半から、ランキング、構造化データの解析、スニペットの生成にサイトのコンテンツのモバイル バージョンを優先的に使用するというテストを開始しました

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

と明言しており、2020年現在ではすべてのwebサイトでスマートフォンで表示した時のページ情報を元にサイトの評価をしています。

こういったサイトの評価をPCサイトではなくモバイルサイトを基準にするといった考え方のことを「モバイルファーストインデックス」と呼びます。

つまり、これからはサイトをモバイル端末に最適化していくことがとても重要になってきます。

PCサイトをモバイル端末に最適化する方法としては

・レスポンシブウェブデザイン

・動的な配信

・別々のURL(PCとモバイルで別URLでサイトを作る)


一部引用(検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

などの方法があります。

ページの表示速度を改善する

Googleはサイトの表示速度をランキングを決定する指標として採用しています。

表示速度を改善するには、サーバーのチューニングや画像の軽量化などの方法があります。

まとめ

SEOの内部対策をするときは、ユーザーとGoogleのクローラーに分かりやすく認識してもらいやすいサイトを作るということを念頭に置いて作業することがとても大事です。

これらの基本的な設定を怠ってしまうと、どんなにユーザーにとって有益なコンテンツであっても検索の上位表示の難易度が上がってしまいます。なので皆さんも内部対策をしっかり行って、検索の上位表示を目指していきましょう。

内部対策を始めたいが、実際の進め方が分からないという方はSEO対策サービス「クラスターSEO」がおすすめです。技術的な裏付けを持つテクニカルSEOによる内部対策を実施でき、検索上位が狙えます。
テクニカルSEO対策サービス「クラスターSEO」

Page Top