CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOにフォーカスしたSEO対策をまとめています

Googleサーチコンソールの登録方法

こんにちは、テクニカルSEOによるSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

Googleサーチコンソールを使うと、ユーザーがどのようなキーワードで検索し、検索結果の何位に表示されているかなどを把握することができます。

また、サイトマップ登録やインデックス登録など、Googleクローラーの管理も行える優れものです。

SEO対策には欠かせないツールなので、是非サーチコンソールに登録しておきましょう。

この記事では、Googleサーチコンソールの登録方法を紹介します。Googleアナリティクスの権限をお持ちの方なら1~2分くらいで完了します。

サーチコンソールの登録手順

まず、Googleサーチコンソールのサイトにアクセスし、[今すぐ開始]をクリックします。

Googleアカウントでログイン

Googleアナリティクスのアカウントを持っている場合は、そのアカウントでログインします。

なければ、サーチコンソールの登録に使うGoogleアカウントを選択してログインします。

サイト情報を入力

次に、サーチコンソールに登録するサイトのURLを入力します。「URLプレフィックス」タイプを使います。

  1. URLプレフィックスタイプで、サイトのURLを https:// から入力します。
  2. [続行] ボタンをクリックします。

運営上、Webサイトの管理対象が一部ディレクトリのみに制限されている場合は、登録時にサブディレクトリを含めたURLを入力してください。たとえば、https://example.com/osaka/ のように指定します。

サイトの所有権を確認

GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーのアカウントを持っている場合は、サイトの所有権がすぐに確認されます。

サイトの所有権が自動確認されない場合は、以下の3つのうち、いずれかを行ってください。

  1. サイトにファイルをアップロードする
  2. TOPページHTMLにmetaタグを追加する
  3. Googleアナリティクスのプロパティ編集権限を追加する

サイトにファイルをアップロードする

Webサイトに、サイト認証用のファイル(google*****.html)をアップロードします。

  1. ファイルをダウンロードします。
  2. Webサイトのドキュメントルートに、ダウンロードしたファイル google*****.html をアップロードします。
  3. [確認]ボタンをクリックします。

認証されない場合は、アップロードしたファイルにブラウザからアクセスできるか確認してみてください。上記の例では、以下のようなURLになります。

https://cluster-seo.com/google0000000000000000.html

TOPページにmetaタグを追加する

Webサイトのトップページを編集し、metaタグを追加します。

HTMLを直接編集する場合

  1. [コピー]ボタンをクリックし、metaタグをコピーします。トップページのHTMLで、headタグ内に<meta>タグを貼り付け、サーバーにアップロードします。
  2. [確認]ボタンをクリックします。

変更後のHTMLは、以下のようになります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="google-site-verification" content="xxxxxxxxxxxxxxxx">

</head>
<body>

</body>
</html>

WordPressの場合

Cocoon・STINGER+2・LION Blogのようなテーマを使っている場合、テーマの設定で「Googleサーチコンソールの認証ID」を指定します。metaタグを張り付ける必要はありません。

Cocoonは、[Cocoon設定]-[アクセス解析・認証]メニューを選び、Googleサーチコンソール ID欄で設定します。

Cocoonのサーチコンソール認証設定

STINGER+2 は、[STINGER+2 管理]-[Google連携に関する設定]メニューを選び、サーチコンソールのHTMLタグ欄で設定します。

STINGER+2のサーチコンソール認証設定

サーチコンソールの認証IDとは、metaタグのcontent属性内の英数字です。

Googleアナリティクスのプロパティ編集権限を追加する

3つ目は、Googleアナリティクスのアカウントで認証する方法です。

  1. HTMLにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを配置します。
  2. Googleアナリティクスで「プロパティ」を編集する権限を付与します。
  3. 権限が付与されたら、[確認]ボタンをクリックします。
Googleアナリティクスのアカウントで認証

サーチコンソール登録上の注意点

所有権確認時はBasic認証を外す

本番公開前のサイトで、Basic認証がかかっている場合、metaタグや認証ファイルでの所有権確認ができません。一時的にBasic認証を外すなどで対処しましょう。

サブドメインごとにプロパティを登録する

サイトに複数のドメインが存在するときは、それぞれのドメインに対して、「URLプレフィックスタイプ」でプロパティ登録を行ってください。

たとえば、example.comとblog.example.comの2つのドメインでSearchConsoleを使う場合、次のようなURLで登録します。

  • https://example.com
  • https://blog.example.com

もうひとつのプロパティタイプである「ドメイン」で登録する場合は、サブドメインを個別にプロパティ登録する必要がないので、たくさんのサブドメインがある場合にはメリットです。ただし、登録時にDNSの設定変更が必要なため、少しハードルが高くなりますが、ご自分でDNSの設定変更ができる方は、「ドメイン」タイプでの登録もおすすめです。

まとめ

Googleサーチコンソールは、登録が完了してからデータが蓄積されるまでに3日ほどかかります。早めに登録しておきましょう。

Page Top