テクニカルSEO BLOG
テクニカルSEOを中心にSEO対策をまとめています

サーチコンソール「URL検査ツール」の使い方

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

Google検索でページが表示されないとき、真っ先に使うのがGoogleサーチコンソールのURL検査ツールです。

Googleでの検索トラブルを調査する方法として、これ以上のツールはありません。

今回は、URL検査ツールを使い、Google検索結果にページが表示されない問題を調査する方法とその対応を紹介します。

URL検査とは?

GoogleサーチコンソールのURL検査ツールは、WebページがGoogleのインデックスに登録されているかを確認したり、インデックスへ個別に登録したりするために使うメンテナンスツールです。

Google検索結果にページが表示されないときは、URL検査ツールの結果から、その原因を調べることができます。

URL検査ツールの使い方

Googleサーチコンソール上部のテキストボックスにURL(https://から始まるURL)を入力してEnterキーを押すと、検査した結果が表示されます。

GoogleサーチコンソールのURL検査ツールの使い方

URLはGoogleに登録されています」と表示されているときは、GoogleがそのURLを認識して、インデックスにはページが登録されている状態です。ただし、検索結果に表示されるかどうかは別の基準なので、表示されない可能性もありますし、表示されていても順位が低いかもしれません。

URL は Google に登録されていますが問題があります」のときは、GoogleがそのURLを認識しているものの、ページにSEO上の問題を抱えている状態です。ページ評価がダウンしている状態のため、指摘された項目を対策することで、SEO評価を正常に戻しましょう。

URLがGoogleに登録されていません」と表示されているときは、GoogleがそのURLを認識していない状態です。

GoogleへURLが登録されているのに検索結果に表示されない原因

URL検査では「URLはGoogleに登録されています」と表示されているにも関わらず、検索するとページが表示されないことがあります。

Google検索で、ページが表示されないよくある原因は次の通りです。

  1. ページの評価が悪いため、順位が非常に低い(100位以下など)
  2. Googleサーチコンソールの削除機能で、ページが一時的に非表示になっている
  3. Googleのガイドラインに違反した不正なコンテンツである

ページの評価が低い原因はさまざまですが、まずはテクニカルSEOによるSEO対策をお勧めします。テクニカルSEO対策サービス「クラスターSEO」では、Googleのクローリングとインデックスを最適化するメソッドでページ評価を改善できます。

Google検索結果での一時的な削除は、GoogleサーチコンソールのURL削除機能で設定を変更できます。誤って削除リクエストを出してしまったときは、キャンセルを行いましょう。

また、Googleは不正なページを検索結果に表示しないよう、コンテンツを厳しくチェックしています。品質に関するガイドラインを確認しておきましょう。

GoogleへURLが登録されているのに掲載された情報が古い原因

URL検査では「URLはGoogleに登録されています」と表示されているにも関わらず、情報が最新に更新されず、Googleに掲載されている内容が古い内容のままになっていることがあります。

URL検査結果の「前回のクロール」が数週間~数か月以上前など、かなり古い日時になっているときは、クローラーがサイトを巡回する上で問題が起きている可能性があります。

URL検査で発生するエラーとその対応

URL検査の結果、「URLがGoogleに登録されていません」や「URL は Google に登録されていますが問題があります」というエラーになることがあります。エラーが起きたら、どんな対応を取ればよいのかを解説します。

「URLがGoogleに認識されていません」エラー

URLがGoogleに登録されていません「URLがGoogleに認識されていません」エラー

Googleクローラーが存在を把握していなかったURLのときに発生するエラーです。公開して間もないページのときによく起きます。[インデックス登録をリクエスト]することで、GoogleがURLを認識し、検索エンジンへの登録処理が開始されます。

なお、このエラーは、サイトマップを作成していなかったり、サイトマップ更新をGoogleに送信していないときに頻発します。サイトマップの設定を見直すのが良いでしょう。

「robots.txtによりブロックされました」エラー

URLがGoogleに登録されていません「robots.txtによりブロックされました」

クローラーからのアクセスを拒否する設定がrobots.txtに記述されているため、Googleがページを収集できない状態です。「エラーではありません」と表示されていますが、このURLをインデックス登録したい場合は、robots.txtの設定を見直します。

「noindexタグにより除外されました」エラー

URLがGoogleに登録されていません「noindexタグにより除外されました」

クローラーからのアクセスを拒否する設定がrobotsメタタグで記述されているため、Googleがインデックス登録できない状態です。「エラーではありません」と表示されていますが、このURLをインデックス登録したい場合は、robotsメタタグ(noindex)の設定を見直します。

「ページにリダイレクトがあります」エラー

URLがGoogleに登録されていません「ページにリダイレクトがあります」エラー

Googleはリダイレクトページをインデックス登録しないので、このエラー自体は放置で構いません。

その代わり、リダイレクト先ページがインデックス登録されているかをチェックするようにします。

「このページはモバイルフレンドリーではありません」エラー

URLはGoogleに登録されていますが問題があります「このページはモバイルフレンドリーではありません」

モバイルフレンドリーとは、スマホユーザーに配慮したコンテンツのことです。モバイルフレンドリーではないコンテンツは、検索順位への悪影響があるだけでなく、サイトを訪問したユーザーの離脱率も上がってしまいます。ページをモバイルフレンドリー対応することをお勧めします。

「インデックス登録をリクエスト」の使い方

「インデックス登録をリクエスト」は、サイトマップに登録しているのに、Googleに認識されていないURLがある場合や、修正したページをすぐに確認したいときなど、インデックス処理にトラブルが起きているときに使うものです。

URL検査の「インデックス登録をリクエスト」機能

通常は、サイトマップを作成して、新しいページや更新したページの情報をGoogleに通知するようにしましょう。

インデックス登録のリクエストには上限回数が設けられていて、頻繁に利用することはできません。

インデックス登録をリクエストした後、実際にGoogleのインデックスに登録されるには、早ければ数分、長ければ数日から数週間かかります。また、ページの内容によってはインデックス登録されないこともあります。

「インデックス登録をリクエスト」で発生するエラーの原因

「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」

対象ページの表示速度が遅いときに発生するエラーです。また、Googleクローラー側の問題で発生することもあります。

表示速度が早いか遅いかは、PageSpeed Insightsを使うと客観的な点数で判定できます。表示速度は様々な改善方法があります。

「インデックス登録リクエストに失敗しました」

次のような原因が考えられます。

  • robots.txtでクローラーを拒否している
  • noindexでインデックス登録を拒否している
  • Googlebotからのリクエストを拒否している(海外IPからのアクセス制限など)

まとめ

以上、GoogleサーチコンソールのURL検査ツールの使い方を紹介しました。

「URL検査」は、Googleにインデックス登録されない原因を調べるのに最適なツールです。

URL検査の結果に表示されたメッセージを参考に、対処を行いましょう。

Page Top