CLUSTER SEO BLOG
テクニカルSEOにフォーカスしたSEO対策をまとめています

SEOツール機能別25選【2020年版】

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの新枦です。
SEO ツールを使いたいけど、多すぎて選べない…というお悩みをお持ちではないですか?

SEO ツールの価格は無料から月10万円以上まで、様々です。また、機能も検索順位の調査やタイトルやリンクなどの内部対策といった、一つの機能に特化したツールから、SEO 対策に必要な機能が全て盛り込まれたハイスペックなツールまで、様々です。

この記事では、数ある SEO ツールの中から厳選した、おすすめのツールをご紹介します。

SEOツールの種類

SEOツールは、機能で大きく分けると「検索順位チェック」「コンテンツ診断」「キーワード選定」「被リンクチェック」の4種類があります。

検索順位チェックツールは、SEO対策で日常的に行う検索順位のチェック作業を効率的に行ってくれるものです。

コンテンツ診断ツール(内部対策ツール)は、HTMLタグがSEOに有効な書き方になっているかをチェックしてくれたり、コピーコンテンツかどうかをチェックしてくれるツールです。

キーワード選定ツールは、検索ボリュームの大きいキーワードや関連キーワードを探すためのツールです。

被リンクチェックツールは、外部から張られたリンクを調査するためのツールです。

各ツールにそれぞれ役割があるので、何を調査したいかによって、ツールを使い分けることになります。また、ツールによっては複数の機能を持っているものもあります。

Google公式ツール

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール

Google が提供している検索順位のチェックツールで、あなたのサイトのページがどのキーワード何回ヒットしたか検索順位が何位だったか、そして何回クリックされたかを調査できます。

その他、新しいページを作成した際の Google への URL 登録や、検索順位に影響を与えるモバイルユーザービリティのチェック、Google クローラが処理したページのインデックス状況のチェックも可能。Google公式ツールのため、書籍やSEOセミナーで情報収集しやすいメリットもあります。SEO のみならずWebに関わっているなら必須のツールです。

欠点を挙げるとすれば、自分のサイトの検索結果しか確認できない3日前以前の検索結果しか確認できないYahoo や Bing など他の検索結果の順位は確認できないといったところでしょうか。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

価格:無料

キーワード プランナー

キーワード プランナー

リスティング広告を出稿するためのツールである「Googleアドワーズ」の一機能として提供されているツールです。キーワードを指定すると、指定したキーワードに関連するキーワードの一覧が表示されます。各キーワードの検索ボリューム競合度が確認できるので、どのキーワードをターゲットとしてコンテンツを制作すればいいか分かります。

ただしGoogle広告を出稿していない場合には、検索ボリュームの値が曖昧な数字で表示されてしまいます。

価格:無料(詳細な検索ボリュームを確認するには広告の出稿が必要)

Google Trends

Google Trends

指定したキーワードの検索回数の推移や、検索回数が急上昇したワードを調べることのできるツールです。メディアサイトであれば、検索回数が急上昇したワードを狙って記事を作成することで、検索流入の増加が狙えます。

価格:無料

SEO内部対策ツール

SEO 対策は、大きく分けると「内部対策」と「外部対策」があります。まずは SEO の内部対策ができるツールとサービスをご紹介します。

CLUSTER SEO

SEO対策サービス「クラスターSEO」

テクニカルSEOに基づいた内部対策を提供するSEOサービスです。サイトの特性に合わせてターゲットキーワードを選定し、SEO施策をリストアップします。独自開発したキーワードマッピングツールとSEO分析ツールにより、ページ単位ではなくサイト全体を網羅的に対策できる点が特徴です。

また、施策を実施した後の改善状況を専用の順位モニタリングツールで視覚的に確認できます。既存サイトのSEO対策にも、新規サイト構築時のSEO対策のどちらにも対応します。キーワード選定のみのプランもあります。

SEO対策サービス「CLUSTER SEO」

価格:15 万円~

Light House

Light House

Google が公式に提供している Google Chrome の拡張機能です。チェックしたいページ上で使用すると、サイトのパフォーマンスや、タイトル・アンカーテキスト等の内部 SEO 情報、サイトのアクセシビリティを計測し、スコア化して表示します。さらに、検出された問題はリストで表示されるので、該当箇所の修正も容易です。無料で実施できるので、まずはやってみることをお薦めします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk/related?hl=ja

価格:無料

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsも Google の公式ツールで、上記のLight Houseの機能のうち、パフォーマンスチェックのみを実施します。 PageSpeed Insights は日本語対応しているため、英語のレポートを読むのが煩わしい方にお薦めです。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

価格:無料

Screaming Frog SEO Spider

Screaming Frog SEO Spider

サイトの URL を入力すると、サイト内のページを巡回し、タイトルやcanonicalタグなどのメタ情報を分析できます。また、リンク切れ・リダイレクト・重複コンテンツなどサイトの問題も検出できます。Angular など SPA アプリケーションのクローリングにも対応しています。

https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/

価格:無料 / 年間 149 ポンド(約 21,000 円)

DeepCrawl

DeepCrawl

サイトの URL を入力すると、それを元にサイト内の全ページを巡回し、タイトルやディスクリプション、hタグやアンカーテキスト等の内部 SEO 情報を全て取得するツールです。タイトルの重複やコンテンツの重複、アンカーテキストの不備など、検出された問題はリスト化されるので修正がすぐに出来ます。修正後チェックを実行することで、正しく修正されたかの確認も出来ます。

https://www.deepcrawl.com/

価格:月額 $ 14~(約 1,500 円~) サイトの規模や使用目的に応じる

SEOマスターProfessional

SEOマスターProfessional

サイトの URL とキーワードを入力することで、100 項目にわたる SEO 内部対策のチェックができるツールです。更にチェックした結果をもとに、ツール上で直接リソースを編集してエクスポートできます。日本のツールということもあり、セミナー等サポートが充実している点が魅力的です。

https://detail-cc.com/seomaster/

価格:月額 35,000 円

外部対策ツール

SEOの外部対策の肝となる、外部被リンクを調査するツールをご紹介します。

Majestic SEO

Majestic SEO

サイトの外部被リンクを調査できるツールです。サイトの外部被リンクの数や参照元のドメイン、アンカーテキストや被リンクの質といった情報を調査することができます。機能が外部被リンクの調査に絞られている分、他の外部対策ツールより価格が抑えめである点と、日本語対応されている点が魅力的です。

https://ja.majestic.com/

価格:月額 $ 49.99~$ 399.99(約 5,400 円~ 44,000 円)

Ahrefs

Ahrefs

自社と競合他社の流入キーワード調査や外部被リンク状況の比較ができるツールです。ドメインに対する SEO 評価を独自評価し、被リンク情報と結びつけることで、数だけでなく質も考慮した被リンク調査を行えます。

http://ahrefs.jp/

価格:月額 $ 99 ~ $ 999(約 11,000 円~ 110,000円 )

semrush

semrush

Ahrefs 同様、キーワード調査や競合分析、外部被リンクの調査ができます。また競合他社のリスティング広告の出稿キーワードやディスプレイ広告の配信状況の確認や、自社の広告の出稿管理等、広告戦略も同じツール上で出来る点が強みのツールです。

https://semrush.jp/

価格:月額 $99.95~$399.95(約 11,000 円~ 110,000円 )

Moz Pro

Moz Pro

Moz Pro も、競合分析他社のキーワード調査や外部被リンク調査ができるツールです。それに加えてキーワードのサジェスト機能や内部対策も同時に行うことができます。Keyword Explorer など一部機能は無料で使用できます。

https://moz.com/products/pro

価格:無料 / 月額 $99~$599(約 10,800 円 ~ 65,000 円)

その他の被リンクチェックツールについては、以下の記事で紹介しています。

検索順位チェックツール

SEO 施策のための現状調査や施策実施後の効果測定に、検索順位のチェックは欠かせません。基本中の基本であるサーチコンソールを始め、それぞれ強みを持った検索順位チェックツールを3つご紹介します。

GRC

検索順位チェックツールGRC

上記の Googleサーチコンソール の欠点を克服したツールの一つが GRC です。

URL とキーワードを予め設定した上で GRC を起動すると、指定した URL のGoogle、Yahoo、Bing 全ての検索順位リアルタイムで取得してチェックしてくれます。また、取得結果をグラフで確認したりレポートとして出力したりできます。検索結果は突然変動することもあるので、リアルタイムで検索結果の推移を確認出来るのは重宝します。

https://seopro.jp/grc/

価格:無料 / 年間 4,500 円~ 22,500 円

BULL

キーワード順位チェックツールBULL

BULL も GRC と 同様に、Google、Yahoo、Bing それぞれの検索結果をリアルタイムで取得する検索順位チェックツールです。クラウド型なので、検索順位の取得のために PC を起動させる必要がない(そのため、休日でも検索結果を取得できる)、複数デバイスや複数ユーザーで調査結果を共有できるといった利点があります。また、地域検索の結果や Google のアルゴリズムと順位変動の変化の関係も調べることができます。

https://bullseo.jp/

価格:月額 1,100 円~ 15,300 円

その他の検索順位チェックツールについては、以下の記事で紹介しています。

キーワード調査ツール

SEO 対策では検索流入を狙うキーワードを選定し、それに合ったコンテンツを作成していきますが、その際に活躍するのがキーワード調査ツールです。

共起語検索

共起語検索

指定したキーワードと同じ文脈で用いられることの多いキーワード(「共起語」といいます)を調べられるのが共起語ツールです。コンテンツを作成する際に、共起語をコンテンツ内に盛り込むことで、ヒットする検索キーワードの幅を広がります。共起語ツールはいくつかありますが、こちらのツールは無料かつ無制限に使えます。

https://neoinspire.net/cooccur/

価格:無料

Ubersuggest

Ubersuggest

キーワードプランナーと同様、指定したキーワードについての関連キーワードを検索ボリュームと合わせて表示するツールです。Google に広告を出稿していなくてもキーワードの詳細なボリューム調査ができる点が強みです。また、自サイトが狙うキーワードで検索順位上位のサイトも合わせて確認することができるので、競合の調査にも使用できます。

https://app.neilpatel.com/jp/

価格:無料

競合分析ツール

SEOquake

SEOQuake

Webページの内部リンク・外部リンク・Google検索順位・Facebookいいね数などを調査できます。また、Google検索結果に表示されたページを一括で調査できる機能は便利です。ブラウザに拡張機能としてインストールして使います。

https://www.seoquake.com/index.html

価格:無料

SimilarWeb

SimilarWeb

競合分析に特化したSEOツールです。競合のアクセス状況や検索キーワードの調査、流入のチャネルの割合や広告・アフィリエイト戦略の分析ができるので、競合のマーケティング戦略を踏まえてSEOや広告の施策を打つことができます。

https://www.similar-web.jp/

価格:カスタム

その他ツール

tami-co

制作するコンテンツのターゲットキーワードに対して、月間検索ボリューム、検索推移、検索順位別の想定アクセス数など、基本的なキーワード分析が行えます。それだけではなく、検索するユーザーの顕在ニーズ / 潜在ニーズや、検索上位コンテンツのtitle文言、Hnタグの個数や文言、記事全体の文字数などの競合分析も行えるので、より検索上位に表示しやすいコンテンツ制作が行えます。

https://tami-co.biz-samurai.com/

価格:4980円 ~ / 20チケット (チケット制・1キーワード = 1チケット)

ミエルカ

ミエルカ

SEO の内部対策、検索ボリュームや競合サイトのキーワード調査、コンテンツのコピーチェック、ヒートマップ等のアクセス解析等ができるツールです。検索ニーズと検索意図を元に検索キーワードを可視化できるので、新規コンテンツ作成の際のキーワード選定が容易になります。

https://mieru-ca.com/

価格:初期費用 10 万円・月額 10 万円または 20 万円(サイト規模に応じたカスタム可)

Google SERP Snippet Optimization Tool

Google SERP Snippet Optimization Tool

設定したタイトルとディスクリプションを元に、Google の検索結果でどのように表示されるかシミュレーションするツールです。リッチリザルトやパンくずリストも表示することができるため、CTR を高めるための検索結果の表示の改善に最適です。

https://seomofo.com/snippet-optimizer.html

価格:無料

構造化マークアップ支援ツール

構造化マークアップ支援ツール

Google の検索結果におけるリッチリザルトを表示するための構造化マークアップの設定を支援するツールです。リッチリザルトの表示によって CTR 上昇が狙えるため、是非活用しましょう。

https://www.google.com/webmasters/markup-helper/

価格:無料

構造化データ テストツール

構造化データテストツール

リッチリザルト対応のために追加した構造化データが正しいかどうかをチェックする Google 公式ツールです。一部の構造化データに限られますが、Google 検索結果画面のプレビューができます。

https://search.google.com/structured-data/testing-tool

価格:無料

影武者

影武者

自社のコンテンツが他サイトにコピーされていないか、あるいは外注した自社コンテンツが他社サイトのコピーでないか調査することができる、コピペチェックツールです。自社コンテンツが他社サイトのコピーであった場合、Google によって検索順位が手動で下げられる「手動での対策」の対象となってしまいます。

https://kagemusya.biz-samurai.com/

価格:月額 4,400 円~ 55,000 円

まとめ

この記事では、SEO 対策ツールを無料有料含めご紹介しました。

有料のツールであっても無料又は少額でトライアル出来るケースが多いので、是非ご自分にあったツールを探してみてください。

もし自社でSEO対策するのが難しいとお考えなら、弊社のSEO対策サービス「CLUSTER SEO」をお勧めします。Googleガイドラインに準拠した高品質な内部対策を短期間で実施できます。
テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」

Page Top