タイトルの付け方 9つのポイント

こんにちは、ビッグワードを狙うSEOサービス「Cluster SEO」開発チームの新枦です。

ページタイトルはSEO対策をする上でとても重要な要素です。ページタイトルを最適化するだけで高いSEO効果が望めるため、検索結果の上位表示を目指すのであれば、まずページタイトルの最適化を行いましょう。

今回の記事では、SEO対策やユーザーのクリック率を上げるのに最適なページタイトルの付け方について、解説していきます。

そもそも、ページタイトルとは何か?

ページタイトルとは、ページの内容を表す短いテキストのことです。

ページタイトルは、検索結果上でヒットしたページへのリンク文言として表示されます。

検索結果に表示されるページタイトル

また、ブラウザのタブに表示される文言も、ページタイトルです。

ブラウザのタブにもページタイトルが表示される

そのほか、SNSに記事がシェアされたときも、ページタイトルが表示されます。

Twitterでシェアした記事のページタイトル

ページタイトルの指定方法

HTMLでは、titleタグが「ページタイトル」を表します。titleタグは、headタグ内に記述します。

<head>
    <title>SEOに最適なページタイトルの付け方は?上位表示が狙える9つのポイント | クローラビリティ改善ブログ</title>

また、WordPress等のCMSでは、記事毎にページタイトルが指定でき、指定したページタイトルは自動的にtitleタグとして出力されます。

何故タイトルが重要か

SEO対策をする上で、ページタイトルは重要視される項目の一つです。

何故なら、適切なタイトルを設定することは、検索順位とユーザーのクリック率の両者に対してメリットがあるからです。

検索順位上のメリット

Google公式のガイドラインで、検索順位に対して大事な項目が挙げられており、その一つにtitleタグが挙げられており、 Googleのクローラーがサイトを認識する際の指標の一つとしてtitleタグを参考にしていることが分かります。適切なページタイトルを設定することで、Googleがページの内容を正しく認識し、適切なキーワードで上位にランクされやすくなります。


ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ユーザーのクリック率に対するメリット

ページタイトルは、検索結果画面で最も大きい文字で表示されます。

検索結果を表示したユーザーは、リンクをクリックするかどうか、ページタイトルやその下のスニペット(説明文)を見て判断しています。魅力的なページタイトルなら、クリックしたくなりますよね?

適切なタイトルを設定することにより、クリック率の向上が見込めるのです。

そのほか、魅力的なページタイトルは、FacebookやTwitterでシェアされた記事のクリック率にも大きくかかわってきます。

ページタイトル決めのルール

では、実際にどのようなページタイトルを付けたらよいか、解説していきます。

ポイントは、以下の3つです。

  1. Googleのクローラーに認識されやすい
  2. ユーザーにとって読みやすく分かりやすい
  3. ユーザーがメリットを感じたり、興味を持つ

ルール1.各ページで重複のないタイトルにする

1ページに1つ、重複しない固有のページタイトルを付けます。各ページには、それぞれ目的や中心となる話題があるので、ページタイトルにはそのページの内容を表す短いテキストで表現します。

これについては、Googleも公式に以下のように言及しています。

各ページに固有のタイトルを付ける

サイトのページごとに固有のタイトルを付けるのが理想的です。そうすることで、サイト上の各ページの違いを Google が認識しやすくなります。サイトで別個のモバイルページを使用している場合は、モバイル版にも適切なタイトルを使用してください。

避けるべき方法: サイトのすべてのページや多数のページにわたって 1 つのタイトルを使用する。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

もし、「他のページと重複しないページタイトル」が決められない場合は、そのページの存在があいまいだったり、ページが他のページと似通ったりしているのかもしれません。

ルール2.検索キーワードを盛り込む

Googleのクローラがページのコンテンツを認識する際の判断材料の一つにするのがページタイトルであると言われています。

そのため、検索結果でヒットしてほしいキーワードをページタイトルに盛り込むことが重要です。勿論、ページの内容と異なるキーワードを盛り込むのはNGです。

また、単なるキーワードの羅列もしないよう、Google公式でアナウンスされています。

キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。タイトルに具体的なキーワードをいくつか含めると効果的な場合もありますが、同じ語句を何度も繰り返しても無意味なだけです。「Foobar, foo bar, foobars, foo bars」のようなタイトルはユーザーの利便性を下げるものであり、このようなキーワードの乱用は Google やユーザーから不正行為と見なされる可能性があります。

検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

更に、Googleは検索されたキーワードに合わせてページタイトルを変えて表示することがありますが、検索されたキーワードがページタイトルに含まれていれば、ページタイトルがそのまま表示されることが多いようです。

狙ったキーワードで上位にランクされるように、また、設定したtitleタグがそのまま検索結果に表示され、ユーザーに訴求できるように、ページタイトルには検索キーワードを盛り込みましょう。

ルール3.重要なキーワードを前の方に埋め込む

上位表示を狙うキーワードは、タイトルの後方ではなく、できるだけ前方に埋め込みます。タイトルの末尾は、検索に使用するデバイスや表示場所によって、省略されることがあるためです。

(例)

OK SEOに最適なページタイトルの付け方は?8つのポイントで上位表示を狙おう!
NG 8つのポイントで上位表示を狙おう!SEOに最適なページタイトルの付け方は?

ルール4.文字数は30文字以内を目安に

検索結果に表示されるページタイトルの文字数には限界があります。

PCでは最大30文字程度、モバイルでは最大35文字程度です。

長いタイトルは末尾が省略されて表示されてしまうので、タイトルの長さは表示しきれる30文字以内に留めるとよいでしょう。

仮に30文字を超えてしまう場合でも、「先頭30文字を読めば内容が把握できる」ようなページタイトルにします。

(例)

OKSEOに最適なページタイトルの付け方は?8つのポイントで上位表示を狙おう
NG検索結果に上位表示させるためのSEO対策として最も適したページタイトルの付け方は?

上記の例はどちらも30文字を超えているため、検索結果には太字部分が表示されます。そのため、NG例では「ページタイトル」の文字が表示されない可能性があります。

ルール5.ユーザーの検索意図にマッチさせる

ここからは、ユーザーのクリック率を上げるためのポイントになります。

検索結果を見たユーザーがページをクリックする際には、検索結果を上から見ていき、自分の検索結果とマッチしたページがあったらクリックする、という動作をします。あるいは、上位5ページほど検索結果をまず見てから、最も自分の検索意図を満たせそうなページを選択するユーザーもいるでしょう。

そのため、如何にユーザーの検索意図とマッチしたページタイトルにするかが重要となります。

(例)検索キーワードが「SEO ツール」の場合

OKSEOのツール比較30選
NGSEOのツールについて

ユーザーは、ツール名を問わずSEOのツールについて広く知りたいと考えていると予測できるので、「SEOのツールについて」のような曖昧なタイトルではなく、「SEOのツール比較30選」のような、より検索意図にマッチしたタイトルのページをクリックしやすいと考えられます。

ルール6 .競合サイトのページタイトルと被らない

競合サイトのページタイトルと比較することも大切です。上位表示させたいキーワードで検索し、競合サイトのページタイトルがどうなっているかを見てみましょう。

よくあるのは、競合サイトとページタイトルがほとんど同じになってしまうこと。

(例) 競合サイトに「プロが教える、キッチンお掃除のコツ」があるとき

OK キッチンお掃除がたった10分!ここまでキレイになるプロのお掃除術
NG【お掃除のプロ監修】キッチンお掃除のやり方

上記のように、競合サイトに 「プロが教える、キッチンお掃除のコツ」 があるときに、「 【お掃除のプロ監修】キッチンお掃除のやり方 」という似たようなページタイトルでは、検索したユーザーにとっては違いが分かりません。ページによっては変更が難しい場合もあると思いますが、視点を言い回しを少し変えるなどして、競合との違いが分かるようなページタイトルに設定しましょう。

また、ページタイトルが被らないだけではなく、同じ検索結果に表示されているほかのページと比較して、自分のページタイトルの訴求力や、目の留まりやすさが劣っていないか、チェックしてみましょう。

ルール7.ユーザーにとってのメリットを盛り込む

このページを読みことによる、ユーザーにとってのメリットが訴求されていると、クリック率上昇につながります。

例えば、ECサイトであれば「送料無料」「30%OFF」といった文言、メディアであれば「わずか5分」「簡単」「最新版」というような文言を含めることが有効になります。

ルール8.記号で区切って分かりやすくする

ユーザーはタイトルを斜め読みするため、一目で読み取れるタイトルであると、クリックされやすくなります。

(例)

OK【初心者向け】SEOに最適なページタイトルの付け方は? | クローラビリティ改善ブログ 
NG初心者向けSEOに最適なページタイトルの付け方は?クローラビリティ改善ブログ

上記の例では、上段の方が見易いですよね。このように、サイト名や単独の訴求文言を鍵括弧や記号で区切ると、それだけで格段に読みやすくなります。

ページタイトルでよく使う記号は以下の通りです。

  • 訴求ワードを【 】で囲む
  • 発言や思いを「」で囲む
  • サイト名称やカテゴリを「:」「|」「-」 で区切る
  • 感嘆符「!」や疑問符「?」を追加する

視覚的に見易いページタイトルを付けることが、クリック率の上昇につながります。

ルール9.数字を含める

キャッチコピーにも使われる、王道テクニックです。ページタイトルに具体的な数字を含めます。次のような例があります。

(例1)

OKSEO対策に成功するための3つの方法
NGSEO対策に成功するための方法まとめ

(例2)

OK利用企業数5,000社のSEOサービス
NG利用企業多数のSEOサービス

(例3)

OKわずか5日でSEO対策をマスター
NGわずか数日でSEO対策をマスター

まとめ

この記事では、SEOに適したページタイトルの付け方について、解説してきました。

検索結果で上位にランクされるためにも、ユーザーからのクリック率を上げるためにも、ページタイトルは重要な要素なので、タイトルはよくよく検討してつけましょう。

また、ページタイトルは一度決めたら終わりではなく、ページタイトルを変更することで、クリック率が向上するかどうか、改善していくことも大切な作業です。

「Cluster SEO」はページタイトルやリンクなど内部施策を実行することで、ビッグキーワードでの検索上位を目指すサービスです。SEO対策にお悩みでしたら、ぜひご利用ください!
ビッグワードを狙うSEOサービス「Cluster SEO」