テクニカルSEO BLOG
テクニカルSEOを中心にSEO対策をまとめています

WordPressでサイトマップを作るには?

こんにちは、テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」開発チームの江頭です。

XMLサイトマップ(sitemap.xml)は、検索エンジンのクローラーが参照するファイルで、特に更新頻度の高いブログではSEO上、欠かすことができません。

この記事では、WordPressでサイトマップを作成する方法と、サイトマップの確認方法を紹介します。

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは、サイトの住所録のような役割を持つファイルで、検索エンジンのクローラーが読み取って利用します。サイトマップを作成すると、クローラーの巡回速度をUPし、検索結果への反映を早める効果があります。

サイトマップには、サイト内に存在するページの URL がリストアップされています。クローラーはサイトマップに記載された URL を参考にして、サイト内を巡回しているので、サイトマップを用意しておくと、クローリングが効率的に行われるようになります。

WordPressブログでは、サイトマップは次のような状況下で威力を発揮します。

  • ブログをリリース/リニューアルした直後
  • ブログ記事を追加したり更新した後

サイトマップがなくても、クローラーはサイトのTOPページからリンクをたどり、サイト内にあるページをくまなく探そうと努力します。しかし、クローラーがサイト内を巡回し、新しいページや更新されたページを探すのには時間がかかってしまいます。これを手助けするのが「サイトマップ」です。

サイトマップに登録する必要があるページを確認する

サイトマップを作成する前に、ブログ内の記事がGoogleにインデックス登録されているかを確認しておきましょう。

アクセス解析&SEO分析ツール「アナトミー」の検索流入確認機能を使えば、サイト内で検索流入が0のページが分かります。

検索流入が0のページは、Googleにインデックスされていない可能性が高いです。これから説明する手順で、WordPressからサイトマップを出力するようにしましょう。

WordPressでサイトマップを自動作成するプラグイン

WordPressには、XMLサイトマップを作成できる便利なプラグインが各種存在します。

ここでは3つのプラグインを紹介します。

Google XML Sitemapsプラグイン

Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップの自動生成に特化したWordPressプラグインです。

Google XML Sitemaps プラグイン

Google XML Sitemapsの設定は、デフォルトのままで十分です。サイトマップに追加したいページがある場合は、以下の手順でURLを設定します。

Google XML Sitemapsで追加ページを指定
  1. [設定]-[XML Sitemap]メニューをクリックする
  2. Additional Pages内にある「新しいページの追加」ボタンをクリックする
  3. サイトマップに追加するURLを絶対URLで入力する
  4. 優先度は「0.3」を選択する
  5. 更新頻度は「毎日」を選択する
  6. 追加するページの最終更新日を 2020-10-02 のような形式で入力する
  7. [設定を更新]ボタンをクリックする

XMLサイトマップのURL にアクセスすると、プラグインで生成されたXML サイトマップが確認できます。

Google XML SitemapsプラグインをAll In One SEO PackやYoast SEOと併用するときは、他のプラグインのXMLサイトマップ機能を無効化してください。

All In One SEO Packプラグイン

WordPressのSEOに特化したAll In One SEO Packプラグインには、XMLサイトマップ機能が用意されています。

All In One SEO PackのXMLサイトマップ機能

XMLサイトマップ機能は標準で有効化されており、設定なしでXMLサイトマップを利用できます。[All in One SEO]-[XMLサイトマップ]メニューが見つからない場合は、[All in One SEO]-[機能管理]でXMLサイトマップ機能を有効化してください。

Yoast SEOプラグイン

Yoast SEOプラグインにも、XMLサイトマップ機能が用意されています。

構成ウィザードでセットアップすると、XMLサイトマップ機能が有効になります。サイトマップ機能が有効かどうか確認するには、[Yoast SEO]-[一般]メニューを選び、[機能]タブを選択します。XMLサイトマップが「オン」なら、サイトマップ出力機能が有効になっています。

Yoast SEOの一般設定

WordPressのサイトマップのURL

XMLサイトマップの場所(URL) は、どのプラグインを使った場合も「WordPress アドレス直下の sitemap.xml」になります。

WordPressアドレスhttps://example.com/
XMLサイトマップのURLhttps://example.com/sitemap.xml

WordPressアドレスにパスを含むときは、そのパスの直下のsitemap.xmlがサイトマップのURLになります。

WordPressアドレスhttps://example.com/blog/
XMLサイトマップのURLhttps://example.com/blog/sitemap.xml

XMLサイトマップのURL にアクセスすると、プラグインで生成されたXML サイトマップが確認できます。

Googleサーチコンソールにサイトマップを登録するときには、上記のURLを指定してください。

各種プラグインは、サイトマップファイルを複数ファイルに分割して出力していますが、中心となるのサイトマップは「WordPress アドレス直下の sitemap.xml」です。

WordPress標準のサイトマップを利用する

WordPress 5.5以降ではサイトマップを標準装備しており、プラグインを使うことなく、XMLサイトマップを利用できます。

設定も不要で、すぐに使うことができます。

WordPress標準のサイトマップのURL

サイトマップのファイル名は、wp-sitemap.xmlです。sitemap.xmlではないので、注意してください。

サイトマップのURLは次のようになります。

WordPressアドレスhttps://example.com/
XMLサイトマップのURLhttps://example.com/wp-sitemap.xml

WordPressアドレスにパスを含むときは、そのパスの直下のwp-sitemap.xmlが標準サイトマップのURLになります。

WordPressアドレスhttps://example.com/blog/
XMLサイトマップのURLhttps://example.com/blog/wp-sitemap.xml

wp-sitemap.xmlが404エラーになる原因

WordPress標準のサイトマップは、サイトマップ出力に対応したプラグインが有効化されていると、使うことができません。

たとえば、All in One SEO Packを有効化しているときは、wp-sitemap.xmlは404エラーになります。

サイトマップ出力に対応したプラグインを無効化しても、wp-sitemap.xmlが404エラーになるときは、一度テーマを別テーマに変更し、再度テーマを戻すと表示されます。

XMLサイトマップの確認

プラグインの設定が終わったら、正しくサイトマップが出力されているかを確認しましょう。

サイトマップのURLにブラウザでアクセスします。

Google XML Sitemapsを使っているときは、次のような画面が表示されればOKです。

Google XML Sitemapsのサイトマップ

WordPress標準のサイトマップを使っているときは、次のような画面が表示されればOKです。

WordPress標準のサイトマップ

サイトマップの登録

WordPressで出力したサイトマップは、Googleサーチコンソール でサイトマップの URL を登録します。

まず、XMLサイトマップの URL を入力し、[送信]ボタンをクリックします。サイトマップが認識されると、次のような完了画面が表示されます。

[OK] を押すと、Googleがサイトマップを分析した結果が表示されます。

エラー表示された場合の対処方法や、Googleサーチコンソールの高度な使い方については、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

以上、WordPressでサイトマップを作成する手順を説明しました。

サイトマップはクローラビリティを向上させるための肝になります。WordPressではバージョンによってはプラグインなしでも使えるようになりました。冒頭で書いたように、早めのインデックス処理が要求される「サイトリリース時」や「サイトリニューアル時」は、必ずサイトマップを設定しておきましょう。

Googleからの評価をアップするには、サイトマップだけではなく、適切な内部対策も必要です。弊社では既存のブログ記事を最大限活用して上位表示を狙うテクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」を提供しています。「ブログの順位が上がらない…」というお悩みをお持ちでしたら、ぜひご利用ください!
テクニカルSEO対策サービス「CLUSTER SEO」

Page Top