SEO todoリスト|クラスタービルダー

ページ間で相互関連する改善項目を行数・内容を細分化して提示します。

ToDoリスト項目

クラスターSEOでは、マッチングしたコンテンツとキーワードを元にコンテンツを検査し、ToDoリストを出力します。ToDoリストは、テクニカルSEO対策として作業的に実施出来るレベルに落とし込まれています。

実際のToDoリスト項目
実際のToDoリスト項目

コンテンツに割り当てられたキーワードを元に、タイトル、ディスクリプション、H1タグを設定します。これはコンテンツの内容をクローラーやユーザーに正しく伝える為に重要になります。

適切なタイトル・ディスクリプション・H1タグを設定することで検索エンジンがコンテンツを理解し易くなる
適切なタイトル・ディスクリプション・H1タグを設定することで検索エンジンがコンテンツを理解し易くなる

ビッグキーワードが割り当てられたページ(サービストップ)をクローラーに知らせるために、各ページに、ビッグキーワードを盛り込んだリンクを設置します。これによってビッグキーワードのページと、派生したキーワードの関係性をクローラー・ユーザーに正しく伝えられます。

ビッグキーワードへのリンクを構築することで、サイトのビッグキーワードが明確になる
ビッグキーワードへのリンクを構築することで、サイトのビッグキーワードが明確になる

更に、コンテンツ間で他のページのキーワードが含まれる箇所があれば、その場所からリンクを構築します。これによってビッグキーワード以外のページ間のキーワードの関係性が明確に出来ます。

リンク関係によってコンテンツ間の関係性が明確になる
リンク関係によってコンテンツ間の関係性が明確になる

検索キーワードとコンテンツツリー

このようなTodoリストを実施すると、下図のようなリンク構造が出来上がります。一見サイトのディレクトリ構造と似ていますが、別物です。

適切なタイトル・ディスクリプション・H1タグによって各ページの内容が明確化されたうえで、リンク構造によってページ間の関連性が示されるため、クローラビリティやユーザーの回遊性を高めることができます。

ToDoリストを実施するとコンテンツツリーが出来上がる
「靴」というキーワードを頂点としたリンク構造